隷の星

SF作品の二次小説のブログです。

鉄血のオルフェンズ シナリオ稿

鉄血 第四話「帰還」 1

朝、航行している海賊船。集合ポイントに近づいている。デッキに出て双眼鏡で見ているラフタ。くるりとデッキで振り返って。ラフタ「信号弾あり。予定どうりね。」走って行って、シノたちのいるところに言ってセリフ。ラフタ「あんたたち。顔見世だからね。…

鉄血 旅の仲間 3

統合軍本部、上層部の執務室。ラステル総司令が書類を手に、テレビ電話のパソコン画面で話している。(スカイプみたいなもの) ラステル「・・・・そうか。移送中に奪われてその港に?」 士官A「そこから先は、海賊船に拿捕された模様で消息は不明です。」 ラス…

鉄血 旅の仲間 2

場面転換。奥のメカ格納庫。ガンダムも置いてある。他に何機か汎用タイプのモビルスーツ。(工作機械っぽいモビルアーマーか?)雪之丞と空中歩道を歩いているミカヅキ。他に海賊団の男Aとラフタとアジー、鉄火団(まだ団名はない)の団員が数名。雪之丞「いろい…

鉄血 第三話「旅の仲間」 1

ジャーラーと、BGM。朝の陽光の中、海上を飛行しているジンネマンたちの海賊船。オルガたち、艦橋に集められている。後ろにあふれている子供たち。指をくわえていたり、遊んでいたり。ジンネマン「北北西に進路を取れ。集合ポイントは北ロクハチハチハチだ。…

鉄血 旅立ち 3

オルガたち、工場横の倒れた貨物船から残りの積み荷を直接手で運んでいる。流れ作業。 オルガ「てめぇら、早くしろよ。」 団員たち「うーっす。」 団員A「これ勝手に持ってっていいんですか?」 オルガ「こんだけぶっ壊されてんのに、なんにもなしじゃたまら…

鉄血 旅立ち 2

場面転換。火星、軍事基地。そこから離れた高台の一角。貴族風の館、だが古風なものではなくて、現代風な部分も混在する建物。母屋とはガラスの廊下でつながっている、ミニ植物園のようなクリーンルーム。中の温室、観葉植物が茂っていて泉が流れている。BGM…

鉄血 第二話「旅立ち」1

一夜明けた鉄血団のいる工場。まだ団名は決まっていない。昨日の戦闘の残骸。目が覚めるクーデリア。朝の光、簡易ベッドに寝かされている。クーデリア「私はいったい・・・」ハッとする。クーデリア「いけない、行かなければ!あの機体を○○に届けなければ!…

鉄血 宇宙の孤児 3

ガンダムなんとか立ち上がり、起動する。 クーデリア「う、動いた・・・・。よかった。」 ミカ「これからだよ。別に泣かなくても。」 クーデリア「泣いてなんか・・・いません。あっ。」 ガンダム宙に浮く。ミカ、オペレーテイングシステムを次々に操作して…

鉄血 宇宙の孤児 2

オルガ「・・・攻撃?そうか、積み荷か!」ビスケット「オルガ?」オルガ走って行って事務所のドアを開ける。もぬけのから。オルガ「はめやがった。どこだ?」窓の下で車の音。オルガ、窓から飛び降りる。黒服連中、ずらかろうとしている。オルガとおせんぼする…

鉄血のオルフェンズ 第一話「宇宙の孤児」1

宇宙の空が映り、上からパンダウンして、工場の広い空間。修理工場、古い。鉄機の工作機械、たぶんベルトコンベアーのついた機械。ミカヅキが修理して寝そべりながら仕事をしている。上向けの姿勢で、少し苦しい感じ。アトラ、ハロと一緒に現れる。 アトラセ…